食べ物を意識する根本的なアンチエイジング方法とは

食べ物を意識する根本的なアンチエイジング方法とは
不老不死といった言葉が遥か昔からあるように、若さを保つ事は古くから人間の欲望であったと言えます。現実的には人はいつか死にますし、一切老化することなく年齢を重ねることもできません。

しかし同世代の平均的な状態よりも、若々しくある事が不可能というわけではないのです。

そこでこの記事では、アンチエイジングについてオススメな栄養素や食品などをご紹介します。

アンチエイジングと老化

老化

老化とは、生物学的には時間の経過とともに生物の個体に起こる変化。その中でも特に生物が死に至るまでの間に起こる機能低下やその過程を指す。

引用元:老化 – Wikipedia
実は人間が老化するメカニズムは完全には解明されていません。ですが老化は時間経過とともに引き起こされ、元に戻すことができないことが特徴です。

つまり時間経過とともに老化が起きるので、日常的にエイジング対策を行い続けることが、アンチエイジングにとって重要となります。また老化の先に待ち受けるのは死なので、寿命短縮の原因を避けることもアンチエイジングに繋がるのです。

寿命短縮の一因として『活性酸素』が大きなキーワードになります。
あかり
あかり
うわーん。老化したくないよー。いつまでもピチピチでいたいよーん。
いやあかりちゃん、90歳で見た目は20歳のおばあちゃんとかいたら怖いでしょ。でも長生きはしたいよね。活性酸素ってなんだろう?
ひろし
ひろし

活性酸素とは

疑問

活性酸素は、細胞伝達物質や免疫機能として働く一方で、過剰な産生は細胞を傷害し、がん、心血管疾患ならびに生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となります。そのため生体内には、活性酸素の傷害から生体を防御する抗酸化防御機構が備わっていますが、活性酸素の産生が抗酸化防御機構を上回った状態を酸化ストレスといいます。

引用元:活性酸素と酸化ストレス – 厚生労働省
体内には活性酸素から人体を守るために抗酸化防御機構というものが備わっているのですが、この機構は加齢とともに弱くなってしまいます。そのため加齢とともに老化が進行してしまうと考えられるのです。

つまり人体を傷つける活性酸素を減らしつつ、加齢で弱くなる抗酸化防御機構を補助することがアンチエイジングにおいて望ましいということになります。
あかり
あかり
じゃあその方法についてさっさと教えなさいよー。こうしている間にも私はどんどん老化して言っちゃうんだからねー。
ハイハイ。具体的にアンチエイジングためには、どんな事をしたらいいんだろう?
ひろし
ひろし

活性酸素を撃退してくれる栄養素と食品

赤ピーマン・黄ピーマン

生体が有する抗酸化防御機構には、スーパーオキシドジスムターゼ、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼなどの内因性の抗酸化酵素に加え、ビタミンC、ビタミンE、カロテノイド類、カテキン類など外因性の抗酸化物質もあります。

引用元:活性酸素と酸化ストレス – 厚生労働省
まず活性酸素を過剰に生成する喫煙や飲酒、運動不足、過度な日光浴、ストレスをため込むことは、できるだけ避けるべきでしょう。

すべてをゼロにすることは難しいので、抗酸化作用のある栄養素を摂取することも重要です。全ての栄養素を上手に摂取しようとしたら、やはり色んな食品をバランスよく摂取し続けるということが重要になります。
栄養素
多く含まれる食品
ビタミンC
赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、キウイフルーツ(黄)、菜の花など
ビタミンE
小麦胚芽油、ひまわり油、ベニバナ油などの植物油、ナッツ類
カロテノイド類
緑黄色野菜、マンゴー、とうもろこし、赤唐辛子、海藻類、えび、いくら、卵黄
  
カテキン類
大豆、抹茶、小豆、ココアなど
あかり
あかり
ちょっと私今から紹介された食品全部買ってくるわ。今夜は全部入りの野菜炒めね。
ちょっと待って!抗酸化作用のあるビタミンCは熱に弱いから全部突っ込んで加熱するのはよくないよ。というか全部なんか食べきれるわけないでしょ!
ひろし
ひろし
あかり
あかり
それもそうね・・・。それじゃサラダなんかも取り入れて、食材の栄養素を無駄なく取り入れるようにしましょ。足りない分に関してはサプリを上手に使ってもいいかもね!
食べ過ぎもよくないからねぇ。上手に食生活を見直して、アンチエイジングも意識していきたいね。
ひろし
ひろし

まとめ

アンチエイジングで大切なのは、必要なことや推奨されることを継続的に行うことです。そういったことを踏まえて活性酸素を多く生み出す喫煙を避けたり、栄養摂取などに取り組むようにしましょう。

継続した取り組みは、やがて大きな結果として戻ってきます。若々しい将来の為に、できることからアンチエイジングを行っていきましょう!
TOPページを見る