効率的な筋トレに向けてクレアチンの必要性と摂取方法

効率的な筋トレに向けてクレアチンの必要性と摂取方法
筋力トレーニングは様々な目的で行われている一方で、筋トレを効率的に行いたいという願望は万人に共通ではないでしょうか。

そこでこの記事では、トレーニングを効果的に行うための栄養素『クレアチン』について紹介していきます。日常生活では聞き慣れない栄養素ですが、効果的な筋トレへの近道となる重要な栄養素です。

クレアチンとは?

クレアチン

クレアチンとは、1-メチルグアニジノ酢酸(あるいはメチルグリコシアミン)のことで、有機酸の一種である。

引用元:クレアチン-Wikipedia
クレアチンはアミノ酸の一種で、1日に2g程度は体内で生成する事ができる非必須アミノ酸です。ただし、1日にその2倍程度のクレアチンが必要で、食事などによって摂取しなくてはなりません。 人間が運動する時には必ず筋肉が動力となって体を動かしています。そして筋肉が動くためにはエネルギーが必要です。

筋肉を使い続けるとエネルギーが枯渇してしまいますが、エネルギーとしてもっとも活躍するリン酸を運んでくれるのがクレアチンになります。

体内に十分なクレアチンを満たした状態だと筋肉をより効率的に動かすことができるので、筋トレで最大限の効果を得ることに繋がるというわけです。
あかり
あかり
なんとなく筋トレってダイエットに必須な気がしていたけど、やっぱりしんどいから効率的にやりたいところではあるわよねー。
別に好き好んで辛い事はしたくないけど、それでも筋トレするなら最大限の効果が欲しい気持ちはよくわかるなぁ。
ひろし
ひろし
あかり
あかり
どうやって筋肉が動いているかなんて考えた事なかったから、勉強になるわ。
そうだね。ところでクレアチンはどうやって摂取したらいいんだろ?
ひろし
ひろし

クレアチンの摂取方法や多く含まれる食品

ニシン

糖との同時摂取で、インスリンの作用(クレアチン・トランスポーターの刺激)により、骨格筋への取り込みが促進される。

引用元:クレアチン – Wikipedia
クレアチンはサプリメントとして市販されていますが、体に吸収させるにはコツが必要です。 人間の体は血糖値の上昇とともにインスリンというホルモンが分泌されます。クレアチンは、インスリンが働いている時に体内に吸収されやすくなっているのです。

血糖値を上げる食べ物と言えばご飯やパン、フルーツなどの糖質ですので、そうした甘みのある食品と一緒に摂取するのが理想となります。

では、クレアチンが多く含まれている食品を見ていきましょう。
含有食品
食品500gあたり
にしん
3.3g
豚肉
2.5g
牛肉
2.2g
  
マグロ
2.0g
あかり
あかり
炭水化物+肉となったら焼肉よねー。
食品からクレアチンを上手に吸収するのが大事と言いつつも、焼肉に行って食べ過ぎたら本末転倒だよ。あかりちゃんなんて、ダイエットと言いながら焼肉にばかり行っていたらとんでもないことになっちゃうよ。
ひろし
ひろし
あかり
あかり
わかってるわよ!上手にクレアチンも体に吸収させて筋トレ効果を爆発させてやるんだから!
その意気だよ!頑張ってね!
ひろし
ひろし

まとめ

筋トレや運動を行うことはダイエットや健康づくりに重要です。しかしやみくもに頑張りさえすればいいというわけではありません。

ほんの少し栄養素について知ると大きく結果が変わってきます。今回はクレアチンについてお話ししましたが、普段の努力に必要な栄養をプラスして、それまで以上の結果を手にしてください!
TOPページを見る