筋トレやダイエットの概念が変わるインスリンと筋肉の関係

筋トレやダイエットの概念が変わるインスリンと筋肉の関係
血糖値を調整してくれる『インスリン』というホルモンについてご存じでしょうか。血糖値を下げる為の薬として、インスリン注射は割と有名ですよね。いわゆる健常者ならインスリンの恩恵について考えることは少ないのですが、筋肉増強においてインスリンは非常に密接な関係があるのです。

インスリンの効能を知っておくことは、普段のトレーニングをより効率的に行うために重要なことであると言えます。

インスリンのはたらき

筋トレ

インスリンは、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種である。

引用元:インスリン – Wikipedia
人間の体は常に合成と分解を繰り返しています。筋トレは筋肉を発達させるのが目的ですが、筋肉が発達するのは『筋肉の合成が分解よりも多い状態』ということです。

つまり筋肉の発達において重要なのは合成と分解のバランスになるのですが、そのバランスを管理しているのが『インスリン』であるというわけになります。インスリンがなければ筋トレの効果を得ることができないのです。
あかり
あかり
言われてみたら私なんてダイエットのために筋トレをしているのに、筋肉について無知だなんて恥ずかしい話よねー。
実際はそういった人が大半なんじゃないかなー。インスリンはどうやって筋肉の合成と分解のバランスをとってるんだろう?
ひろし
ひろし

インスリンによる筋肉の合成と分解

サポート
筋肉の合成には、インスリンの手助けが欠かせません。筋肉は主にアミノ酸によって合成されていますが、そのアミノ酸を筋肉に運ぶ役割をするのがインスリンなのです。インスリンが足りなければ筋肉に届くアミノ酸の量も減って筋肉が合成されにくくなるのです。 更にインスリンは、筋肉を動かすエネルギーであるブドウ糖も筋肉に運びます。インスリンの働きが低下していると、ブドウ糖が運搬されずにエネルギーが不足してしまいます。そうした状況では、筋肉を分解してエネルギーにしてしまうのです。 逆に過度なエネルギー摂取は、インスリンによって脂肪細胞の合成まで促してしまうことにも注意が必要です。
あかり
あかり
インスリンが筋肉を牛耳っていると言っても過言ではないわね。
それじゃあ具体的にどうしていけばインスリンをうまく分泌できるようになるのかなあ?
ひろし
ひろし

インスリンの分泌効率を上げる方法

方法・ポイント
インスリンの分泌効率を上げるには、単純に糖質を摂取すればいいだけですが、炭水化物での摂取を意識するのが良いでしょう。ダイエットによって炭水化物を減らしたりすると、どんどん筋肉を減らす事になります。
含有食品
炭水化物
米類、パン類、麺類、穀類 など
あかり
あかり
むむむ・・・。インスリンがなければダイエットも成功しそうにないというのは、本当に悩ましい話だわ。
炭水化物がインスリンの分泌を促進させるなんて神様は本当に意地悪だなって思ったよ。
ひろし
ひろし
あかり
あかり
炭水化物ダイエットって言葉もちょっと矛盾してしまうわよね。時と場合なんでしょうけど。
そうだね。僕も普段からインスリンの機能を頭に入れつつ、炭水化物はしっかり食べることにするよ!
ひろし
ひろし

まとめ

インスリンと筋肉の関係はとても密接で、筋肉をつけたいと思っている人にとっては意識せざるを得ないホルモンとなります。インスリン分泌に必要な炭水化物も個人差があるので、体重測定やスタイルの確認などで調整を行うことが理想的です。

筋トレやダイエットを効率的に行うためには、必要な炭水化物を摂取してしっかりインスリンを分泌させましょう。
TOPページを見る